こんばんは、ゆうです。

今回は贅沢にも卵をふたつ使いました。
たまご焼きのサンドイッチをご紹介です!



優しい甘さのたまご焼きに、パンに塗った和からしとマヨネーズが良く合います。
ゆで卵のサンドイッチも良いけれど、たまには“焼き”も美味しいですよ~。

ところで。

たまごの漢字表記は「玉子」と「卵」のふたつありますが、どのように使い分けるかご存知でしょうか。はっきりとした定義があります。

それは、「調理しているか、していないか」。

調理したものが「玉子」で(例えば、玉子焼き、玉子とじ等)、
調理していないものは「卵」(「卵を産む」、生卵等)となります。

ただ、「ゆでたまご」だけは例外で、調理をしていても形がそのままなので「ゆで卵」だそうです。

漢字って、難しいですね。

以上、特に何の役にも立たない豆知識でした。
レシピ、行きます!

【作り方】1人分

8枚切り食パン 2枚

卵 2個

◎砂糖 大さじ1

◎塩 ひとつまみ

マーガリン 適量

和からし 適量

マヨネーズ 適量

サラダ油 小さじ1くらい


【作り方】

1.ボウルに卵、◎を入れて溶きほぐし、味を馴染ませておく。食パンの片面に薄くマーガリン、和からしを塗る。



2.フライパンを中火温めてサラダ油をひき、最後にひと混ぜした卵を流し入れる。箸で手早く混ぜて半熟の状態にし、パンの大きさに合わせて四角く形を整える。程良く焼けたらひっくり返して片面も焼く。



3.2の玉子焼きを食パンの上に移し、さっとマヨネーズをかけてもう一枚のパンでサンドする。


写真撮っていたら、ちょっと焼き色つき過ぎちゃったかも…

お好みの大きさにカットしたら出来上がり。


なんだか、紹介する程のレシピでもなかったですね(^_^;)
でも、私、これが好きなのです。たまに無性に食べたくなります。

パンはヤマザキさんのふんわり食パンが超おススメです。
耳まで白くて柔らかく、切り落とさなくてもジャマにならないのです。サンドイッチを作るには、これに限ります!
あと、形は違うけれども、Pascoさんのイングリッシュマフィンも好きです!こちらはトーストするのが鉄則。外側がカリっとして、中もっちり。超絶美味しいです。
このふたつさえあれば、私のサンドイッチ生活は安泰です。

なんだか、パンの宣伝みたいになってしまいましたが…。

よろしければ、お試しを。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。



バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとクリック。いつも、ありがとうございます!


暖かくなったら、サンドイッチを持ってピクニック。
そんなのも良いですね。

ゆうでした。