三度のメシ。

2014年01月


おはようございます。
朝っぱらから不意打ち更新、ゆうです。

今回は昨晩作ったパスタ。



最近お弁当にきんぴらごぼうを入れるのが私の中で流行っているのだけれど、今週は1日少なかったし、いつもより多めに作ったので余ってしまったのです。白御飯のおかずにしては、ちと寂しい量。
なので、パスタの具にしてみました。


【材料】一人前

パスタ 100g

きんぴらごぼう 40g

ベーコン薄切り 1枚(約15g)

にんにく 一片

バター 10g

サラダ油 小さじ1

パスタ茹で汁 大さじ2

塩コショウ 少々

万能ねぎ 1本


【作り方】

1.万能ねぎを小口切り、にんにくをみじん切り、ベーコンはきんぴらごぼうと同じくらいの幅に切る。お湯を沸かし、塩(分量外)を入れパスタを指定時間より1分短めに茹でる。



2.フライパンにサラダ油、にんにくを入れ、弱火で炒める。にんにくの香りが出てきたらベーコンを加えて油が出てくるまで軽く炒め、中火にしてきんぴらごぼうも炒め合わせる。



3.パスタ茹で上がり30秒前になったらフライパンに茹で汁を加え、馴染ませる。パスタが茹であがったら具と炒め合わせ、塩コショウで味を調える。

皿に盛りつけ、万能ねぎを散らし、バターを乗せたら出来上がり!
バターを絡めながらお召し上がりくださーい!


ポイントは…何でしょう。具に汁気がないので、パスタの茹で汁できんぴらごぼうとベーコンの味を馴染ませるのがポイントでしょうか。パスタに味がよく絡みます。
きんぴらごぼうの甘辛と、ベーコンの塩気、ガーリックバターの風味がよく合います。
きんぴらごぼうがあまった時にでもお試しください!


歳を取ると美味しく感じるものってありますよね。。
しみじみ思うワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。



ごぼうは木の根なんかじゃないってば!!
どうぞよろしくお願いします<(_ _)>


ところで。
最近、お弁当に力を入れようと心に誓う。
雑誌「ku:nel」のお弁当コーナーに出たい。遮二無二出たい。
でも私のお弁当こんな↓



茶色い面積多いなー。辛うじて冷凍の野菜で彩り。
お弁当作り、好きなんだけれど、朝だとどうしても早さを優先してしまうのよね…。

早く、そしてきれいに。
小さな野望。

お付き合いありがとうございました。
ゆうでした。


こんばんは。
思い出したようにモニター企画、ゆうです。

忙しい朝にぴったり♪「丸美屋 混ぜ込みわかめ」で朝ごはん!忙しい朝にぴったり♪「丸美屋 混ぜ込みわかめ」で朝ごはん!

レシピブログの「丸美屋 混ぜ込みわかめ」で試してみよう!オススメレシピ体験レポートモニター参加中です。

「丸美屋 混ぜ込みわかめ」のアレンジレシピ、10種類の中から好きな物を選んで作り、体験レポートを投稿するこの企画。今回は「わかめ雑煮」。



鍋に水と混ぜ込みわかめを入れて、好みの具と焼いた餅を入れるだけ。
磯の香り漂う、あっさり美味しい雑煮の出来上がり。超簡単。いつもの雑煮に飽きた、なんて方にお勧め。

レシピブログさん、丸美屋さん、ごちそうさまでした。

ワタクシ、レシピブログのランキングにも参加中。



いつもの雑煮に飽きても、このブログには飽きないでくださいッ!!


ところで。

今回、人参をひょうたん型に抜いてみたのですが、この型は何年か前に合羽橋で買ったもの。あまり使う機会がなかったけれど、お気に入り。私の中に常にある、ひょうたんブーム。
嗚呼、合羽橋をぶらぶらしたいなぁ。焼印を意味もなく詳細に眺めたり、食器やらキッチンツールを物色したい。そしてシャレオツな喫茶店、合羽橋珈琲でお茶したいッ!
合羽橋は私にとってのパラダイス。大好きな浅草も近い。仙台にあんな商店街があったら良いのだけれど。

そして、食器もお気に入りのもの。



お椀よりもひとまわりぐらい小さいサイズのどんぶり型の器。かわいい。
アンティークのもので、中途半端に古いものなのか、かなり安かった。1つ250円か300円くらい。5つ揃っています。
でもあまり使い道がなくて、今まで1度くらいしか使ったことがないのよね。
昆布〆にした鯛のお茶漬けとか、蓋からしっぽが少しはみ出た海老天丼とか、呑みの〆のちょっとしたご飯ものに良いと思うのだけれど、私自身が呑む時にご飯ものをあまり食べないからね。。むむむ。
それでも道具や器は使ってなんぼ。出し惜しみなしでいこう。

そんな、新たな誓い。

本日もお付き合いありがとうございました。
本題よりも余談が長かったですね。
ゆうでした。


こんばんは。
左足の小指が今時しもやけ、ゆうです。

今回はスタンダードメニュー、カルボナーラ。



難しいコツ要らず。そして失敗なし。…と思う。
材料が揃った時が試し時。


【材料】1人前

スパゲティ 100g

卵黄 1個

生クリーム 50cc

粉チーズ 大さじ1と1/2

厚切りベーコン 1/4枚(40g)

オリーブオイル 小さじ1

パスタの茹で汁 大さじ1

塩コショウ 少々

ブラックペッパー 適量


【作り方】

1.卵黄、生クリーム、粉チーズを混ぜ合わせ、塩コショウで味を調える。冷蔵庫から出したての材料を使う場合は、30分ほど放置し、常温にしておく(ココ、ポイント!テストに出ます!!)。



2.ベーコンを5�oの厚さに切り、フライパンにオリーブオイルと一緒に投入、弱火でじっくり焼き目が付くまで炒める。その間に鍋でお湯を沸かし、塩(分量外)を入れ、指定時間より1分ほど短めにパスタを茹でる。



3.パスタが茹であがったらフライパンに茹で汁と一緒に投入し、中火にしてよく炒め合わせる。

4.火を止めて1で合わせたソースを加え、全体的に混ぜ合わせる。

皿に盛り付けて、上からブラックペッパーを振って出来上がり。


微妙な火加減や温度管理は必要ありません。ソースを常温に戻しておくことだけがポイントです。冷え冷えだとアツアツパスタが冷めてしまい、適度なとろみがつきません。常温に戻しておくことでフライパンやパスタの熱がソースに伝わり、混ぜ合わさった時点で適度なとろみがつくのです。
このやり方で失敗したことがないので、大丈夫だと思います!
お試しくださーい!


ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。



バナークリックで清き一票。
よろしくお願いします!


お付き合いありがとうございました。
ゆうでした!



こんばんは。
只今甘栗を食べながら更新中、ゆうです。

先週試作してみて失敗したけれども、配合を変えて再挑戦。
満を持して登場、じゃがパンです。ホームベーカリー使用。



じゃが芋のでんぷん質がいい仕事するんじゃないかなー、と思って作ってみました。でも、火を通したじゃが芋では意味なかったかなー、と思いはじめている、今。

バターや牛乳は使っていません。代わりにマヨ。冷めてもパサつかないのはじゃが効果なのか。


【材料】8個分

強力粉 200g

じゃが芋 中1個(約120g)

マヨネーズ 大さじ2

砂糖 大さじ1

塩 4g

水 100cc

ドライイースト 4g


【作り方】

1.じゃが芋をレンジで柔らかくなるまでチンして、よく潰し、冷ましておく。

2.材料をホームベーカリーにセットし、生地を作成する。



3.出来上がった生地を8等分し、丸め、乾かないように濡らしたキッチンペーパー、ラップをふんわりとかけ、10分ほど置く。



4.生地を成形する。今回は2種類。
麺棒で空気を抜きながら生地をだ円形に伸ばし、きつく丸めていく。巻き終わりを指でつまんで閉じて両手でころころ、形を整える。巻き終わりを下にする。





生地を丸め直し、粉を付けて麺棒でぎゅっ。両端を指でつまむ。





5.成形した生地をオーブンシートを敷いたオーブンの鉄板に並べ、濡らしたキッチンペーパー、ラップをふんわりとかける。オーブンを40℃にセットし、余熱なしで30分ほど、2倍くらいの大きさになるまで発酵させる。鉄板に乗せきれない生地は、鉄板の大きさに合わせたオーブンシートの上に置いておき、濡らしたキッチンペーパー、ラップを同様にかけておく。第一弾の発酵が終わったら短めに時間をセット、様子を見て発酵させる。←ごめんなさい、ここ訂正です。第一弾が焼き終わってから生地の様子を見てオーブンで発酵させるか焼きに入るかした方がいいかもしれません(鉄板が冷めてから生地を乗せてくださいね)。今回は試しに成形を2種類でやりましたが、発行の様子を見るのには全部同じ形でやった方が良いです。ふわふわでゆるゆるなレシピでごめんなさい…。(夏の暑い日ならオーブンを使わず、放置しておくだけで大丈夫かも…)



6.オーブンを200℃、15分でセットし、余熱しておく。
発酵した生地はラップ、キッチンペーパーを外し(生地が付く場合は水で濡らすと奇麗に外れます!)、茶こしで強力粉をふる。だ円形の方は5分ほど置いて表面を少し乾かしてから包丁でお好みの切れ目を入れる。



7.余熱が終わったら生地をオーブンで焼く。焼かない方の生地は涼しいところに置いておく。
焼きあがったら網の上にあげて、出来上がり!






じゃが芋はレンジでチンする時に濡れたキッチンペーパーで包んでからラップしておくとしっとり火が通ります。生地は必ず乾いた手に粉を付けて扱ってください。少しでも濡れていると生地が手についてきます。もし生地が付いた場合は粉を付けて手をこすり合わせて取ってください。室温、季節によって発酵具合は異なります。上手く説明できないのですが…様子を見つつ、…頑張ってください。

そして丸め方のコツ。これは私が以前、喫茶店のベーカリーでバイトしていた時の経験によるものです。プロの技ではないので「この人はこう云うやり方しているんだなー」というだだっ広い心でご覧ください。

先ず、手を猫のようにして生地を軽く包みます。



そして丸で囲っているあたりを(ペイント、うまく使えないなー)下に押しつけるようにして、最初は空気を抜くために少し力を入れて、徐々に力を抜きながら円を描くように手を回転させます(5~6回転くらいかな)。



やり過ぎると生地の表面が汚くなるので気を付けてください。閉じ目(裏)が上手く閉じてなかったら指でつまんで整えても大丈夫です。やっているうちに加減がわかると思います。参考になれば良いのですが。。


このパンはシンプルな味なのでアレンジがききそうです。焼きカレーパンなんか良いかもしれません。もちろん、そのままでも旨し。
良かったらお試しください!


ところで。
ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中です。



バナーをクリックして頂けると、私のやる気がむくむく膨らみます。ホントに。


今回は長々とお付き合いありがとうございました。
パンレシピの説明って難しいですね。。むむむ。

ではまた次回。
ゆうでした。






こんばんは、ゆうです。

ワタクシ、レシピブログの「丸美屋 混ぜ込みわかめ」で試してみよう!オススメレシピ体験レポートモニター参加中です!

忙しい朝にぴったり♪「丸美屋 混ぜ込みわかめ」で朝ごはん!
忙しい朝にぴったり♪「丸美屋 混ぜ込みわかめ」で朝ごはん!


「丸美屋 混ぜ込みわかめ」のアレンジレシピ、10種類の中から好きな物を選んで作り、体験レポートを投稿するこの企画、おとそ気分ですっかりお休みしていました~。久々の投稿です。

今回は混ぜ込み卵焼きです。



卵に味付けは混ぜ込みわかめ<鮭>のみという超シンプルレシピっぷり。
ちょい味濃い目の出汁巻き卵と云う感じで白いご飯にぴったりです。ゴマのプチプチ感も楽しめます。
わかめと鮭の彩りもきれいでお弁当のおかずにも良さそう。
なのでお弁当に入れてみました。



美味しかったです。
レシピブログさま、丸美屋さま、ごちそうさまでした!


レシピブログのランキングにも参加中です。



こちらもよろしくお願いします!!


ところで。

豆苗、育ってます。



使い終わった後の豆苗、水をあげると発芽していない豆からにょきにょき育つらしいです。ちょっとだけですが、成長しています。
おみそ汁の具くらいにはなるかな。もう少し観察してみまーす。

お付き合いありがとうございました。
ゆうでした。