三度のメシ。

カテゴリ: ふかふか、パン・サンドウィッチレシピ

こんばんは、ゆうです。

本日、私、お花見に行ってきました。
場所は「太陽の村」。
県南の桜の名所、一目千本桜を眼下に見下ろせる、隠れた名所です。

このところの暖かさに花が散っていないか心配でしたが、
高台のためちょうど満開、見頃な感じでした。

今回のお花見弁当はこちら。

DSC02912

左お弁当箱(手前から)
◉スパニッシュオムレツ
コンニャクとゴボウのピリ辛煮

右お弁当箱(手前から)
切干大根のサラダ
金柑のシナモン煮
鶏の唐揚げ・味噌味

デザート
苺のヨーグルトムース

ラップサンド
ゴボウサラダ
◉チリビーンズ

※レシピ紹介済みのものはメニュー名をクリックするとページにジャンプします♪

これからお花見の方は、よろしければ参考までに。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。


バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとクリック。いつも、ありがとうございます!


私は運転手だったので、ノンアルコールビールで我慢。
新しく発売された麒麟の『零ICHI』。

ノンアルコールビールも進化しましたね〜。
すっかり飲んだ気分になりました(笑)

ちょっと気温は低かったのですが、
フリスビーで体を動かしつつ、楽しいお花見でした♪

IMG_0575


花見シーズンも残りあとわずか。
目一杯楽しみましょー!

ゆうでした。



登録するとこのブログの更新情報が受け取れます♪

 

こんばんは、ゆうです。

先日、天然酵母のパン屋で開催のパン教室に行ってきました。

何度か酵母をおこしてパン作りに挑戦したことがあるのですが、
酵母作りからして失敗続き…。
以前から本格的に習いたいと思っていたのが、
やっと叶いました。

酵母の話や実際の生地作り、発酵、成形、焼くところまで、
一通り教えてもらいました。
お店と同じ方法で酵母をおこしてパン作りはなかなか難しそうですが 、
実際にやらなければ分からないことも多く、とても貴重な1日でした♪

その日作った生地は持って帰って、翌日成形して焼き、
折角なのでそのパンで、サンドイッチを作ってみました。

DSC02605

前から気になっていたサバのサンドウィッチ。
今が旬の新玉ねぎを組み合わせてみました。

サバとパンは合うんですね。
たっぷり玉ねぎのせいか、生臭さも感じません。
レモン汁もポイントだと思います。

お手軽な材料で出来るので、オススメです。
詳しいレシピは、こちら。

サバと新玉ねぎのサンドウィッチ。

サバと新玉ねぎのサンドウィッチ。

by ゆう

調理時間:15分
Comment

トルコの名物メニュー。焼いた塩サバと、マリネした新玉ねぎをパンでがっちりサンド♪

このレシピを詳しく見る

よろしければ、お試しを。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。


バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとクリック。いつも、ありがとうございます。


(結局。。)酵母おこしはもう少し暖かくなってからやるとして、、
ホシノのパン酵母でカンパーニュを作ってみました。

DSC02653

成形のコツや生地の硬さなど、加減がわかった気がします。
以前より気泡の感じが上手くいくようになりました。
(断面撮るの忘れた…)

修行はまだまだ続きます。


皆様、良い一週間を。
ゆうでした。



登録するとこのブログの更新情報が受け取れます♪

こんにちは、ゆうです。

沼サン、わんぱくサンドなど、
具がたっぷり、ボリューム満点のサンドウィッチが流行っていますね〜。
次に来るのはこれじゃないか!?と勝手に思っている、、

DSC01618

薄いパンでたっぷりの具を巻いたラップサンド。
ダイエットしている方にもオススメです。

このパン、IKEAで購入しました。

DSC01595

シンブレット。
5枚入りで295円(税別)。冷凍ものです。
そのまま自然解凍で、焼かずに使えてお手軽です。
ちょっと甘みのある生地で、とても美味しいです!

適度な柔らかさで、破れにくくて巻きやすいんですの、これ。
ラップサンド以外にも、薄焼きピザにしてみたり(←オススメ)、
適度な大きさに切って焼き、具を乗せてクラッカー風にしてみたり。
色々使えて便利!
それを考えるとすごく安いと思うのですが、どうでしょう。
意外に賞味期限が短くて、そんなに買いだめは出来なそうですが、
常備しておくと、小腹が空いた時良いと思います。

今回はゴマたっぷりのごぼうサラダを巻き込みました。
キャベツもたくさん使って、食物繊維たっぷりです。


【材料】2人分

シンブレット 2枚

キャベツの葉 2枚

ごぼう 1/4本(50g)

人参 1/5本(35g)

マヨネーズ 大さじ2

煎りゴマ 大さじ1

三温糖 小さじ1/2

塩胡椒 少々


【作り方】

1.ごぼうはよく洗い、包丁の背で皮をこそげ取る。マッチ棒位の大きさに切って水にさらしておき、人参も同様の大きさに切る。キャベツは洗ってからキッチンペーパーでしっかり水気をおさえ、細い千切りにする。

DSC01601

2.ゴマを粗めにすりつぶし、他の調味料と合わせておく。ごぼうと人参は沸騰したお湯で1分ほど茹で、しっかり水気を切る。粗熱が取れたら合わせた調味料とよく和える。

3.シンブレットの上に千切りのキャベツ、2のごぼうサラダを乗せる。

DSC01606

4.途中両端を折り込みながら、海苔巻きのようにしっかり具を巻き込む。

DSC01612

5.ワックスペーパー、またはオーブンシートで巻いて形を整え、食べやすいように半分に切ったら出来上がり。

DSC01615

DSC01616


【コツ・補足】

ごぼうを水にさらすのは色止めのためです。灰汁はないので、すぐ茹でる場合は水にさらさなくても大丈夫です。皮と実の間に一番栄養があるので、人参は皮を剥かずに使いました。気になる方は剥いて下さい。今回は野菜だけですが、茹でた鶏肉を一緒に巻いても美味しいと思います。

よろしければ、お試しを。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。


バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとクリック。いつも、ありがとうございます!


もうちょっと涼しくなったら、
ラップサンドを持ってドライブ!何て良いかもしれないですね。
シンブレット、食べきってしまったから、また買いに行こうかな。 
IKEAに行くと色々買いたくなって、危険なんだよなぁ。。


そうそう、今日は金曜日。
皆さま、良い週末を。
ゆうでした。 


 
登録するとこのブログの更新情報が受け取れます♪ 

こんにちは、ゆうです。

今回はシンプルな材料で簡単にできる、
発酵いらずのパンレシピです。 

028 (2)

ふかふか食感。朝食にぴったりです。

チーズやあんこを包んだり、ナッツやレーズンを生地に混ぜ込んだり。
アレンジ次第でおやつにも。

ここ最近、何回か作ったりしていたのですが、
思い立った時にすぐ出来てお勧めです。
フライパンで焼けるのもお手軽で◎
焼いている時間におかずやコーヒーの準備をしたりして。

詳しいレシピは、こちらから。
 
発酵いらずのクイックブレッド。

発酵いらずのクイックブレッド。

by ゆう

調理時間:25分
Comment

思い立ったらすぐ!発酵いらず、材料もシンプルな簡単レシピです♪

このレシピを詳しく見る

よろしければ、お試しを。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。


バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとクリック。いつも、ありがとうございます!


始まりました、月曜日。
今日もいい天気です。

素敵な1週間を。
ゆうでした。 


こんばんは、ゆうです。

今回は贅沢にも卵をふたつ使いました。
たまご焼きのサンドイッチをご紹介です!



優しい甘さのたまご焼きに、パンに塗った和からしとマヨネーズが良く合います。
ゆで卵のサンドイッチも良いけれど、たまには“焼き”も美味しいですよ~。

ところで。

たまごの漢字表記は「玉子」と「卵」のふたつありますが、どのように使い分けるかご存知でしょうか。はっきりとした定義があります。

それは、「調理しているか、していないか」。

調理したものが「玉子」で(例えば、玉子焼き、玉子とじ等)、
調理していないものは「卵」(「卵を産む」、生卵等)となります。

ただ、「ゆでたまご」だけは例外で、調理をしていても形がそのままなので「ゆで卵」だそうです。

漢字って、難しいですね。

以上、特に何の役にも立たない豆知識でした。
レシピ、行きます!

【作り方】1人分

8枚切り食パン 2枚

卵 2個

◎砂糖 大さじ1

◎塩 ひとつまみ

マーガリン 適量

和からし 適量

マヨネーズ 適量

サラダ油 小さじ1くらい


【作り方】

1.ボウルに卵、◎を入れて溶きほぐし、味を馴染ませておく。食パンの片面に薄くマーガリン、和からしを塗る。



2.フライパンを中火温めてサラダ油をひき、最後にひと混ぜした卵を流し入れる。箸で手早く混ぜて半熟の状態にし、パンの大きさに合わせて四角く形を整える。程良く焼けたらひっくり返して片面も焼く。



3.2の玉子焼きを食パンの上に移し、さっとマヨネーズをかけてもう一枚のパンでサンドする。


写真撮っていたら、ちょっと焼き色つき過ぎちゃったかも…

お好みの大きさにカットしたら出来上がり。


なんだか、紹介する程のレシピでもなかったですね(^_^;)
でも、私、これが好きなのです。たまに無性に食べたくなります。

パンはヤマザキさんのふんわり食パンが超おススメです。
耳まで白くて柔らかく、切り落とさなくてもジャマにならないのです。サンドイッチを作るには、これに限ります!
あと、形は違うけれども、Pascoさんのイングリッシュマフィンも好きです!こちらはトーストするのが鉄則。外側がカリっとして、中もっちり。超絶美味しいです。
このふたつさえあれば、私のサンドイッチ生活は安泰です。

なんだか、パンの宣伝みたいになってしまいましたが…。

よろしければ、お試しを。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。



バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとクリック。いつも、ありがとうございます!


暖かくなったら、サンドイッチを持ってピクニック。
そんなのも良いですね。

ゆうでした。