三度のメシ。

カテゴリ: ふかふか、パン・サンドウィッチレシピ


こんばんは、ゆうです。

今回は贅沢にも卵をふたつ使いました。
たまご焼きのサンドイッチをご紹介です!



優しい甘さのたまご焼きに、パンに塗った和からしとマヨネーズが良く合います。
ゆで卵のサンドイッチも良いけれど、たまには“焼き”も美味しいですよ~。

ところで。

たまごの漢字表記は「玉子」と「卵」のふたつありますが、どのように使い分けるかご存知でしょうか。はっきりとした定義があります。

それは、「調理しているか、していないか」。

調理したものが「玉子」で(例えば、玉子焼き、玉子とじ等)、
調理していないものは「卵」(「卵を産む」、生卵等)となります。

ただ、「ゆでたまご」だけは例外で、調理をしていても形がそのままなので「ゆで卵」だそうです。

漢字って、難しいですね。

以上、特に何の役にも立たない豆知識でした。
レシピ、行きます!

【作り方】1人分

8枚切り食パン 2枚

卵 2個

◎砂糖 大さじ1

◎塩 ひとつまみ

マーガリン 適量

和からし 適量

マヨネーズ 適量

サラダ油 小さじ1くらい


【作り方】

1.ボウルに卵、◎を入れて溶きほぐし、味を馴染ませておく。食パンの片面に薄くマーガリン、和からしを塗る。



2.フライパンを中火温めてサラダ油をひき、最後にひと混ぜした卵を流し入れる。箸で手早く混ぜて半熟の状態にし、パンの大きさに合わせて四角く形を整える。程良く焼けたらひっくり返して片面も焼く。



3.2の玉子焼きを食パンの上に移し、さっとマヨネーズをかけてもう一枚のパンでサンドする。


写真撮っていたら、ちょっと焼き色つき過ぎちゃったかも…

お好みの大きさにカットしたら出来上がり。


なんだか、紹介する程のレシピでもなかったですね(^_^;)
でも、私、これが好きなのです。たまに無性に食べたくなります。

パンはヤマザキさんのふんわり食パンが超おススメです。
耳まで白くて柔らかく、切り落とさなくてもジャマにならないのです。サンドイッチを作るには、これに限ります!
あと、形は違うけれども、Pascoさんのイングリッシュマフィンも好きです!こちらはトーストするのが鉄則。外側がカリっとして、中もっちり。超絶美味しいです。
このふたつさえあれば、私のサンドイッチ生活は安泰です。

なんだか、パンの宣伝みたいになってしまいましたが…。

よろしければ、お試しを。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。



バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとクリック。いつも、ありがとうございます!


暖かくなったら、サンドイッチを持ってピクニック。
そんなのも良いですね。

ゆうでした。


こんばんは、ゆうです。

フレッシュなトウモロコシがあるこの時期に何で?って感じですが…。
缶詰のコーンクリームを生地に練り込みました。

こちら。



水分はコーンクリームのみ。
ちょっと扱いづらい生地で、あまり成型がきれいに出来ませんでした。(^_^;)ナハハ。
一応ね、トウモロコシっぽく、って思ったのだけれど。全然違いますね。センスないわ…。しかも粉振り過ぎ!

2回試作したのですが、コーンクリームだけだとどうも味がぼんやり。
なので、ドライオニオンも入れてみることにしました。
市販の物も探したのですが、よく考えると玉ねぎを乾燥させればよい訳で。

なるべく細かくみじん切りにした玉ねぎをオーブンで先ず100℃で30分。
ちょっと乾燥…?さらに120℃で30分、そしてまた更に120℃で20分。そのまま放置。
すると、

これが。



こうなる。



火の通り具合が均一になるように、時々混ぜながらやりました。
玉ねぎ80g(1/4個)が9gに。

苦労の甲斐あってか(そんなにしてないけれど)、風味の良い美味しい生地になりました。

ホームベーカリーまかせなので、人に教えるほどの技はありません。
配合だけ覚書として。

【材料】6個分

コーンクリーム缶(190g) 1缶

ドライオニオン 玉ねぎ80g分

強力粉 200g

砂糖(三温糖) 15g

塩 3g

ドライイースト 3g


◎追記◎
大事なことを書き忘れていました。最終発酵は1.5倍くらいの大きさが丁度良いと思います。2倍くらいになると生地がダレたような感じになってしまうかも。200℃で15分焼きました。オーブンによって火の回り具合などが異なると思うので、様子を見ながら調整してみてください~!
追記、以上。

油脂は今回入れていません。でもコーンクリームのおかげなのか、パサつかず、ややしっとり。
粒コーン(缶詰)を入れたもの、入れていないものを3個ずつ作りました。



当然ですが、粒コーンが入っているとコーンパン感が増します。でも入れなくても十分美味しいです。

ちなみに試作の時にはこんな成形も。





ちぎりパン。
ドライオニオンが入っていないだけで、あとは同じ分量です。
19cmのタルト型に12等分して丸めて詰めました。
何人かで食べる時には良いかも。食べたい分だけ粒(?)をちぎってね。

興味がある方は、ぜひ。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。



バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとクリック。いつも、ありがとうございます~!


連休明けはちょっとぼんやり。
エンジン、なかなかかかりませんが。
ん、、がんばろ…。

ゆうでした。


こんばんは、ゆうです。

ワタクシ、お料理ブログポータルサイト、レシピブログの「一日を楽しくスタート!簡単&ハッピーな朝ごはん」レシピモニター参加中です!

スパイスでお料理上手:一日を楽しくスタート!簡単&ハッピーな朝ごはんスパイスでお料理上手:一日を楽しくスタート!簡単&ハッピーな朝ごはん

良く分からんネーミングですね。ごめんなさい。
要は「納豆チーズトースト、ナツメグがけ」です。
ナツメグってハンバーグとか、メンチカツぐらいにしか使ったことがないのですが、皆さんどうでしょう?
単体で食したことがないので、よく味が分からんのです。
どうしたものかと思いつつ、試しにチーズトーストに振り振り。

お、結構イケる!

良く考えたら、チーズフォンデュにナツメグを入れたりするし、アリな組み合わせなんですね。大発見したかと思ったです。ははは。そこに、大豆は畑のお肉!という事で納豆をプラス。冷蔵庫の新玉ねぎも入れちゃう。

ナツメグと納豆、ほのかに肉を感じる…。気のせいかな。



うん、気のせいにしておこう。
レシピ、行きます。


【材料】一人前

食パン(6枚切り) 1枚

納豆(タレ付き) 1パック

新玉ねぎ 15g

とろけるチーズ 適量

オリーブオイル 適量

GABANナツメグ<パウダー> 適量


【作り方】

1.新玉ねぎを粗みじんにする。納豆に新玉ねぎ、付属のタレを加え、よく混ぜ合わせる。



2.パンにオリーブオイルを塗り、納豆、チーズを乗せ、ナツメグを全体的に振る。



トースター等で焼き、チーズがとろけて焼き目が付いたら出来上がり。


レシピと言って良いのか!というほど簡単です。
オリーブオイルがなければ、マーガリンやマヨネーズでも良いです。お好みで。新玉ねぎは入れると食感が加わって美味しいですが、なければ入れなくても。
納豆もなければ入れなくても…ってなると、ただのチーズトーストになるので納豆は入れてください!

ナツメグ眠っている方、ぜひお試しください!美味しいですよー。


そして。であるからして。

レシピブログのランキングに参加しております!



バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
納豆のような粘りを見せたい今日この頃、応援よろしくお願いいたします!


今日は週の真ん中水曜日。
でもなぜか木曜気分。明後日休んでしまいそう。
あと2日。頑張れ、私。

ゆうでした。


おはようございます。
ゆうです。

ワタクシ、お料理ブログポータルサイト、レシピブログの「一日を楽しくスタート!簡単&ハッピーな朝ごはん」レシピモニター参加中です!

スパイスでお料理上手:一日を楽しくスタート!簡単&ハッピーな朝ごはん
スパイスでお料理上手:一日を楽しくスタート!簡単&ハッピーな朝ごはん



今回ご紹介するのは朝食の定番、フレンチトースト。焼いたバナナを添えてみました。
バナナを焼くと抗酸化作用が増して、便秘改善効果やアンチエイジング効果があるらしいです。女性には嬉しいですね。焼いて甘味が増したバナナは、シナモンシュガーとも相性ばっちりです。
前日からの仕込みが必要ですが、ひとつひとつの作業は簡単、仕上げもフライパンひとつです。



ナイフとフォークで食べる朝食、テンション上がります!


【材料】一人前

食パン 6枚切りのもの1枚

卵 1個

豆乳 大さじ3

バナナ 1本

砂糖(三温糖を使用しました) 大さじ1

塩 少々

バター10g

GABANシナモンシュガー 適量


【作り方】

1.(前日の夜)ボウルに卵、砂糖、塩を入れ、良く溶きほぐす。豆乳を加えて混ぜ合わせたら半分に切った食パンを浸けて冷蔵庫に入れておく。



2.(ここから朝です)フライパンを温めてバターを加え、全体に広げたら仕込んでおいた食パンを並べて弱火で焼く。バターは溶けきらなくてもよい。焼いている間にバナナを切る(3等分→縦半分)。





3.ほど良い色に焼けたらひっくり返し、スペースを作って、バナナを重ならないように並べる。フタをして3分焼く。



4.3分後、フタを開けたらバナナをひっくり返し、パンの焼き色を見る。
それぞれ焼き色が付いたら皿に盛り付け、シナモンシュガーを振りかければ出来上がり。


フタを開けた時のパンのふっくら感、イイね!

ちょっとお疲れ気味の日や、ゆっくり出来る休日にお勧めしたい朝ごはんです。


そして。

レシピブログのランキングにも参加中。



バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとひとつ。朝ごはんで元気をつけたら、清き一票、よろしくお願いします!


少し気温は低いようですが、気持ち良く晴れております。
楽しい週末を!

ゆうでした。


こんにちは。
時にはパン屋のように、ゆうです。

今日はパンをたくさん焼いちゃいました。
アーモンドパウダーが20gほど余っていたものだから、使いきろうと思って。

ロールパンの生地を作ったのですが、ちょっと誤算。。
半量で作るつもりが…全量分の水分を入れてしまったのねー。
結局水分以外の材料を足して、全量で作ることに…。
アーモンドパウダーを使い切るという目的の面では、結果的に良かったのだけれど。
以下パン奮闘記。

もともと作ろうと思っていたのは、シナモンのねじねじしたやつ。



のばした生地にアーモンドパウダーを塗って、シナモンとラムレーズンを巻き込んだもの。レーズン欲張り過ぎ。成形しづらかったです。

それでもアーモンドクリームが余って。

今度はくるくる。



これはアーモンドクリームと、昨日紹介したりんこさんのアプリコットコンフィチュールとチョコチップをくるくるっとして輪切りにしたもの。コンフィチュールとチョコチップはりんこさんおススメの組み合わせ。



当然旨し。ごちそうさまです<(_ _)>

で、それでもアーモンドクリームが余ったものだから。
先週焼いて冷凍しておいたパンを引っ張り出してきて。



ラスク。

なんだか少ないようでいて、結構使えるアーモンドクリーム。
作り方は簡単で覚えやすい。
今回レシピらしいレシピはこれだけ。


【材料】

マーガリン(または無塩バター)

砂糖(今回は三温糖)

溶き卵

アーモンドパウダー

◎材料すべて同量◎


【作り方】

1.室温に戻して柔らかくしたマーガリンをボウルに入れてクリーム状に練り、砂糖を4~5回に分けて加え、泡立て器ですり混ぜる。

2.溶き卵は少しずつ加え、そのたびになめらかになるまで混ぜる。

3.アーモンドパウダーを一度に入れ、混ぜ合わせる。

全体がなめらかになったら出来上がり。

パン以外にもタルトに流し込んだりして使えます。ポイントは空気を入れないように混ぜることくらいでしょうか。

お菓子やパン作りに活用してみては。


ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。



ぽちっとクリック。ポイントが入ってランキングに反映されます。
パラリンピック開催中。併せて私にも応援よろしくお願いします、って乗っかる。


あ、暗くなる前にランニングに行かなくては。
ばたばたしております。

今回はこの辺で!
ゆうでした。