三度のメシ。

カテゴリ: ほっこり、汁物・スープレシピ

こんばんは、ゆうです。

東京は花見シーズンですね。
私の住む宮城県はもうちょっとですかね。

春になると、新玉ねぎ、新じゃがなど、
『新』バージョンの野菜が出回ります。
今回は、その中のひとつ、新人参を使い、
綺麗な色のポタージュを作りました。

DSC02678

人参はじっくりローストすると甘みがアップ。
そのまま食べても美味しいのですが、あえてのポタージュスープ!
ほっとできる、優しい味です。


レシピはこちらから。
 
新人参の豆乳ポタージュ。

新人参の豆乳ポタージュ。

by ゆう

調理時間:45分
Comment

柔らかくて瑞々しい新人参をローストし、豆乳でポタージュスープにしました。野菜の甘みが楽しめるスープです。

このレシピを詳しく見る

よろしければ、お試しを。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中です。


バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとクリック。いつも、ありがとうございます。


宮城県も暖かくなってきて、今日は春物の上着でちょうど良い感じでした。
花見ポイントの公園では、屋台や照明の設営が終わっていて準備万端。

桜、楽しみだなぁ。

とはいえ。
花よりビールの、ゆうでした。 



登録するとこのブログの更新情報が受け取れます♪ 

こんばんは、ゆうです。
前回の更新から随分期間が空いてしまいました。
てへへ。 ご無沙汰しております。

ちょっと話題が遅いかも、ですが。

お正月を過ぎると食べたくなる料理、それはカレー。
とはいえ、ご飯炊くのも面倒だよね、ってことで。

DSC02312

宮城県・白石市の特産品、温麺(うーめん)の登場。
下茹でせずに、作ったカレースープにどーんとそのまま入れちゃいます。
それによって、スープに程よいとろみが。

カレールゥがなくても、さっと一人前から出来ちゃいます。

詳しいレシピは、こちらから。

カレー粉とスパイスで作る♪スパイシー温麺。

カレー粉とスパイスで作る♪スパイシー温麺。

by ゆう

調理時間:15分
Comment

温麺(うーめん)とは宮城県・白石の特産品で、そうめんより少し太めの短い麺です。手軽に一人前から作れます♪



このレシピを詳しく見る





よろしければ、お試しを。


ところで。

ワタクシ、 レシピブログのランキングに参加中。

バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ポチッとクリック。いつも、ありがとうございます。


そして、嬉しいお知らせ。

前回、レシピブログ様の【くらしのアンテナ】というコーナーで、
塩キャラメルおかきのレシピが紹介されたというお知らせをしましたが。

318d7995

またまた別なタイトルでご紹介いただきました! 

【お餅が大変身!サクッとおいしいヤミツキおかき】 

おやつやおつまみにオススメ。 おかきレシピ盛りだくさん。
是非、お立ち寄りくださいませ。


仙台はうっすら白くなっております。
滑らないように、転ばないように、気を付けましょうね。


皆様、素敵な週末を。
ゆうでした。 



登録するとこのブログの更新情報が受け取れます♪ 

こんにちは、ゆうです。

先日、仙台は雪が降り、道路がうっすら白くなりました。
さすがに寒くて、昨日からエアコンを使い始めました。
でも、未だホットカーペット出さず。横着な私です。 

今回は寒い夜にぴったり。
体が温まる煮込みレシピです。

DSC02111

これ、よく子供の頃母が作ってくれました。
大好きなメニューです。
久しぶりに食べたくなって、作ってみました。

シチューよりはさらっとしていて、スープのような感じです。
ごはんを浸して食べるのが旨し。

じっくりコトコト煮込むので、
鶏肉はスプーンでも切れる柔らかさ。

DSC02119

緑が欲しい時は、茹でたアスパラやブロッコリーなどを
仕上げに加えても◎。

ちなみに、写真に写っている人参サラダのレシピは
こちら→『キャロットラペ。また、作りました。
記事のレシピは千切りですが、今回はピーラーバージョンです。
作り置きレシピです。オススメですよ。


おっと。
忘れちゃいけない、鶏のクリーム煮のレシピはこちらから。
 
鶏のクリーム煮。

鶏のクリーム煮。

by ゆう

調理時間:45分
Comment

じっくりコトコト、鶏肉が柔らかくなるまで煮込みました。ほっとするような優しい味わいです♪

このレシピを詳しく見る

クリスマスメニューに如何でしょうか。
よろしければ、お試しを。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングにも参加中。
 
バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとクリック。いつも、ありがとうございます!


今日は仙台名物、セリ鍋を食べに行く予定。
宮城県はセリの有数な産地です。
寒くなり始めると居酒屋などの店先に
「セリ鍋始めました。」なんて看板が。

この冬初めてのセリ鍋、楽しみです。

ゆうでした。 



登録するとこのブログの更新情報が受け取れます♪ 

こんばんは、ゆうです。

秋を感じたのもつかの間。
急にぐっと冬の気配が近づいてきましたね。
北の国から雪の便りも届き、冬の訪れの早さに驚いております。

今日は休みだったので、長袖のランニングウェアを買いに行ったり、
厚手の上着やマフラー、手袋などを出してみたり。
少しだけ冬支度をしました。
これで明日から寒さに立ち向かえそうです。

さてさて、そんな今回は。。

DSC01960

秋を惜しみつつ、やさしい味のあったかレシピ。
寒い時にフーフーしながら飲むポタージュ。
幸せの味ですね。

ちょっと贅沢に、安納芋を使ってみました。
焼き芋も良いけれど、ね。


詳しいレシピは、こちらから。
 
安納芋の豆乳ポタージュ。

安納芋の豆乳ポタージュ。

by ゆう

調理時間:15分
Comment

ほんのり甘い、優しい味のスープです。



このレシピを詳しく見る

よろしければ、お試しを。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。
 
バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ポチッとクリック。いつも、ありがとうございます!!


明日頑張れば、休みに突入。
この寒さで風邪気味な方も、
ゆっくり体を休め、回復してくださいませ。 

皆様、良い週末を。
ゆうでした。 



登録するとこのブログの更新情報が受け取れます♪ 

こんばんは、ゆうです。

先週の土曜日のこと。

農家の方とお話しする機会があったのですが、
その時に収穫したての葉玉ねぎを頂きました。

『葉玉ねぎ』を調べてみると、、、

玉の部分が膨らみかけたぐらいのものを葉つきのまま収穫したもので、
柔らかくて辛味が少なく、葉の部分も食べられるそうです。

その農家さんは玉ねぎを植えて、育てたものを出荷しているそう。
目の前で収穫するところを見せていただきましたが、
ひとつの玉ねぎから4~5本ほど採れるようです。

002

見た目は太い万能ネギみたいな感じですね。

今回はこちらを使って。

015

青い葉を活かしたポタージュスープ。
同じく今が旬の新じゃがを組み合わせて、
優しい味に仕上げました。

浮き実は新じゃがの皮を千切りにして、かりっとなるまで揚げ焼きにしたもの。
新じゃがのきれいな皮。捨てるのが忍びなくて…(^^;)
お陰で、良いアクセントになりました。是非皮は捨てずにとっておいて下さい!

旬の味を丸ごと味わえるスープです♪


【材料】2人分

葉玉ねぎ 2本(約100g)

新じゃが 1個(約170g)

豆乳 300cc

◎水 100cc

◎白ワイン又は日本酒 大さじ1

◎コンソメ(顆粒) 小さじ1

塩コショウ 少々

オリーブオイル 大さじ1/2

サラダ油 適量

【作り方】

1.葉玉ねぎは白い部分と葉の部分に分け、それぞれ1cm程の長さに切っておく。新じゃがは皮をむき、5mm程の厚さのいちょう切りにしておく。

2.鍋を中火で温めオリーブオイルをひき、葉玉ねぎの白い部分、新じゃがの順に炒め合わせる。新じゃがに少し火が通ったら◎を加える。煮立ったら弱火にし、フタをして10分~15分ほど柔らかくなるまで煮る。

3.煮ている間に浮き実を作る。新じゃがの皮を千切りにし、フライパンに多目のサラダ油をひいて揚げ焼きにする。カリカリになったらキッチンペーパーの上に移し、油を切っておく。

012

4.2に葉の部分を加え、しんなりしたら火から下ろし、フードプロセッサーでペースト状にする。

006

010

5.4に豆乳を加え、弱めの中火で混ぜながらゆっくり温める。

ひと煮立ちしたら塩コショウで味を整えて器に装い、3の浮き実を乗せて出来上がり。


【補足・コツ】
葉は、色と香りを活かすために、火はあまり通さないようにしましょう。さっとで大丈夫です。豆乳はあまり強めの火で温めると分離しやすくなるので気をつけましょう。

026


よろしければ、お試しを。


ところで。

ワタクシ、レシピブログのランキングに参加中。
   
バナーをクリックするとポイントが入り、ランキングに反映されます。
ぽちっとクリック。いつも、ありがとうございます!


昨日、無事東京から生還いたしました。 
何とか地図を片手に乗り切りましたよ(とほほ…)。 

しかし、、バスで往復は体力的にちょっとキツかった~。
次回は是非ビール片手に新幹線が良いなぁ。。

なんてことを言いつつ。

疲れがなかなか抜けないお年頃。
明日も仕事、頑張ろ。

ゆうでした。